医学部 臨床医学小児外科学Pediatric Surgery

JapaneseEnglish

研究室HP

集合写真

1974年(昭和49年)4月に開講した教室は順天堂大学に次いで古い小児外科講座である。教室から北陸の小児外科を担う人材を輩出し、現在も北陸小児外科のかなめとして診療・教育・研究を行っている。小児外科は専門性が高い領域であり、常に最先端の医療が提供できるよう心がけ、誠意を持って診療に携わっている。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内線6539) +81-76-286-2211 / FAX: 076-286-3305 +81-76-286-3305 / Email: pedsurg@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

教授

  • 河野 美幸 小児外科学 3河野

特任教授

  • 岡島 英明

講師

  • 安井 良僚
  • 吉崎 尚良
  • 桑原 強

助教

  • 中村 清邦

研究医

  • 木戸 美織

主な研究業績

部門別研究業績

  • Congenital duodenal and multiple jejunal atresia with malrotation in a patient with Down syndrome.
    Shironomae T, Satomi M, Kuwahara T, Yasui Y, Kohno M.
    Congenit Anom (Kyoto).58(2):71 - 72, 2018.
  • 胆道閉鎖症における門脈圧亢進症ー胃食道静脈瘤、脾機能亢進症を中心にー
    安井 良僚, 木戸 美織,中村清邦,城之前 翼,里見 美和,桑原 強,河野 美幸,
    岡島英明. 小児外科50(1) 65-68, 2018.
  • Cartilage-hair hypoplasia associated with isolated hypoganglionosis: A case report
    Yasui Y, Kohno M, Nishida S, Shironomae T, Satomi M, Kuwahara T, Takahashi S and Niida Y. Congenit Anom(Kyoyo).57(1):32-34,2017.
  • ナッツ以外の小児気道異物の治療経験.桑原 強,河野美幸,安井良僚,里見美和,城之前翼,西田翔一.日小外学誌53(2)282-288,2017
  • Surgical approach for fecal incontinence with a patulous anus after transanal pull-through for Hirschsprung disease.Yasei Y,Nishida S,Shironomae T,Satomi M,Kuwahara T,Kohno M.J Pediatr Surg,2017

主な外部研究資金

  • 平成27年度科学研究費補助金(基盤研究(C)) リン酸化シグナルをターゲットにした非遺伝毒性発がん物質スクリーニング、 吉崎 尚良
  • 平成28年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 腸神経堤由来細胞の細胞遊走をガイドする神経-周辺組織間コミュニケーションの探索、河野美幸
  • 平成29年度科学研究費補助金(若手研究(B)) 腸管神経堤由来細胞遊走に対する細胞外マトリックスの役割、安井良僚
  • 武田科学振興財団・医学系研究奨励 2017年 リン酸化モチーフ上がん特異的変異のプロテオームワイド解析、吉崎良僚