医学部 臨床医学小児外科学Pediatric Surgery

JapaneseEnglish

研究室HP

小児外科学2016

1974年(昭和49年)4月に開講した教室は順天堂大学に次いで古い小児外科講座である。教室から北陸の小児外科を担う人材を輩出し、現在も北陸小児外科のかなめとして診療・教育・研究を行っている。小児外科は専門性が高い領域であり、常に最先端の医療が提供できるよう心がけ、誠意を持って診療に携わっている。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内線6539) +81-76-286-2211 / FAX: 076-286-3305 +81-76-286-3305 / Email: pedsurg@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

教授

  • 河野 美幸 小児外科学 3河野

講師

  • 安井 良僚
  • 吉崎 尚良

助教

  • 桑原 強
  • 里見 美和
  • 城之前 翼

医員

  • 西田 翔一

大学院生

  • 李 金朋

主な研究業績

部門別研究業績

  • Twenty-year trends in neonatal surgery based on a nationwide Japanese surveillance Program, (M. Yagi,M. Kohno,K. Asagiri, RIkeda, T. Okada, S. Kaneda, S. Kawashima, Y. Goto, S. Takano, M. Yasehuku, M. Wada, Pediatr Sueg Int, 31:1955-962, 2015
  • 安井良僚,河野美幸,城之前翼,桑原 強,高橋貞佳,押切貴博: 経肛門的ヒルシュスプルング病根治術後の便失禁に対する肛門管形成手術.日小外学誌, 50: 1022−1028,2014年
  • 桑原 強, 河野 美幸, 高橋 貞佳, 安井 良僚, 押切 貴博, 伊藤 順庸, 犀川 太: Y染色体関連性分化疾患での予防的性腺切除時期について.日小外学誌,49: 969-974・2013年
  • Yasui Y, Kohno M, Shironomae T, Kuwahara T, Takahashi S, Oshikiri T: Retroperitoneoscopic resection of a congenital adrenal teratoma in an infant. J Pediatr Surg Case Reports, 1: 391-394, 2013.
  • Yasui Y, Kohno M, Shironomae T, Kuwahara T, Takahashi S, Oshikiri T, Tsuji H: Laryngotracheal separation for a type 4 laryngotracheoesophageal cleft with multiple significant malformations. J Pediatr Surg Case Reports 1: 277-280, 2013.

主な外部研究資金

  • 平成26年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)小児期からの希少難治性消化管疾患の移行期を包含するガイドラインの確立に関する研究, 河野美幸(分担)
  • 平成26年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)先天性難治性稀少泌尿生殖器疾患群(総排泄腔遺残、総排泄腔外反、MRKH症候群)におけるスムーズな成人期医療移行のための分類・診断・治療ガイドライン作成、河野美幸(分担)
  • 平成28年度日本科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)腸神経堤由来細胞の細胞遊走をガイドする神経-周辺組織間コミュニケーションの探索、河野美幸